ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

このニュース・今日まで知りませんでした。
SF作家の大御所中の大御所で、彼の著書は、多数読んでましたから
少なからずともショックです。
というか、そういうお歳だったんですね。

Excite エキサイト : ITニュース

彼の著書で、もっとも有名なのは
「2001年宇宙の旅」でしょう。
なんといっても、スタンリー・キューブリックの超難解と言われる映画の原作ですから
この原作を読んだのは、もちろん
まだ2001年になる遥か前でしたから

2001年が過ぎて、はや8年ですか。
未だにあの世界に到達していない現在って
SFの世界より遅れていますよね。
ようやく今、宇宙ステーションの建設ですからね。


「2001年宇宙の旅」ですが、原作では、続きがあるのをご存じですか?
「2010年宇宙の旅」と「2061年宇宙の旅」・[3001年終息の旅]
もちろん
読んでいますが、はるか昔なので 内容は忘れています。

まだ、未来の話ですが、2010年は、もうすぐですね。

彼は、どんな未来になることを望んでいた事でしょう。

彼は、ブタペストクラブ(世界賢人者会議)の一員でもあります。
かのダライ・ラマ14世も賛同して所属しています。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-31 00:26 | 徒然
a0009747_2074714.jpg


真っ赤な苺に注目・・・じゃなくて
その入れ物ですね。

a0009747_19505814.jpg


わが教室の生徒さんたちに好評の鉢です。

アミアミの網目のように見えるように作ります。

ヒントは、生協の雑貨カタログに載っていた鉢です。
その鉢は、もっとヨーロッピアンテイストで、おしゃれですが
わが教室の場合は、ざるを型にして
粘土の細い紐を置いて行くというやり方なので
ちょっと
和テイストです。

これは、15センチ径ですが、23センチくらいに挑戦した生徒さんもいます。
大きさの割には、非常に軽くなって
逆に頼りないかなぁ?

でも、洗った苺を載せてみたら、カッコいいじゃ~ない!

もう少し工夫すれば、製品化できそうな気がします。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-29 20:09 | 作陶
a0009747_20281446.jpg

ここ数カ月
上橋菜穂子の著書にはまっています。
守り人シリーズがアニメ化されて有名ですが、アニメの方は見ていません。
一時期、アニメの放映が始まる前に この、守り人シリーズがズラッと書店に並んでいたので気になって気になって

私の場合、本の方から呼びかけてくるんですよ。
『読んで!』って  

本の表紙を見て、 これは、私の好きな世界だなぁって感じたのは確かです。
ただ、シリーズ化されていて、ハリーポッターシリーズや、ナルニア国物語並みの長さです。

どうしよう。どうしようって 何ヶ月か悩んで、
まずは、単行本よりも安いボッシュシリーズの【精霊の守り人】を買って読み始めました。

その世界観の構成の素晴らしさに圧倒されました。
この作者 何者?という感じの衝撃を受けました。
日本に
これだけのファンタジーを書けることの出来る人がいたという事に大きな喜びを感じました。

日本人にしか書けない世界観を見事にファンタジーの世界に融合させていて
それでいて、無国籍・多国籍な世界観を醸し出しています。
へたすると、おばさんと言われかねない年代の女主人公が良いです。
ほんとうに、カッコいいですよ。

小野不由美の著書に出会って以来の衝撃でした。

そして、今は、守り人シリーズを少しづつ手に入れて読み進めているという感じです。
楽しみは、ゆっくりゆっくりと味合わないとね。

a0009747_20283634.jpg


この【孤笛の彼方】も
読み終わった後に、いつまでも余韻が残る傑作です。

ありきたりな展開にならないで、ちょっとしたどんでん返しがあることに
かえって、心が救われる思いが残ります。

変わり者として生きてきた主人公たちが、普通の幸せを手に入れるという感じでしょうか。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-28 20:50 | きままな読書好き
今日も、スキン編集にチャレンジ

トップ画像をピカサで編集し直してみました。

ピカサは、デジタル画像管理ソフトなので
画像の編集機能は、おまけみたいなもので、満足の行く編集はできないですね。
でも、無料ソフトで、ここまで出来れば、文句は言えませんよね。

文字も色々といじってみましたが、css言語になれるのに一苦労ですね。

しかし、じっと文字列とにらめっこしていると
見えてくることもあります。

まだ分からない部分があるので、自分が一番変えてみたい部分に到達するまで
ボチボチと焦らずやっていきます。


※ エキサイトのスキンを元にちょっとだけ変更を加えることから始めました。

1、昨日は、トップ画像を自分の絵に変更とタイトルを左から右に移動

2、今日は、タイトル文字・ユーザーリンク文字・本文テキスト等のフォントの変更とカラー変更






[PR]
by yorunoniji | 2008-03-28 19:44 | 徒然
初めてのスキン編集で
トップ画像を自分の絵に変えてみました。

元の画像です
a0009747_20524173.jpg


CSSをいじるのは、ドキドキでしたが
なんとかなるもんです。

”習うより慣れろ”


何にでも通じる格言ですね。




[PR]
by yorunoniji | 2008-03-27 20:52 | 徒然

a0009747_2194946.jpg



本当に久しぶりの再会といえるでしょう。
本屋さんで、見つけてしまったんです。こういうのが出ていたなんて・・・・・
リアルタイムで読み、感動し
単行本・文庫本・いろいろシリーズで持っていますが
今までのなかで一番の愛蔵版かもしれない
小学館 萩尾望都コンプレート

たかが少女漫画と侮るなかれ、
萩尾望都という漫画家の描く世界は、芸術の域に達していると思っています。

この【ポーの一族】は、半世紀以上を得てもなお
いまだ、内容は古びず、
キラキラと星のように輝き

多感だった
若かりし頃に感じた感動や余韻を思い出すと共に

時を経た
今だからこそなお
主人公エドガーの味わう
喪失感の深い悲しみを理解できるし
それぞれのストーリの中に出てくる
市井に暮らす普通の人々の日常や想いに共感できる

アニメにしたら・・・と思い描くときもあったし
実写版でやるとしたら、外国のどの俳優さんが演じたら・・・とか
いろいろ想像したりしたこともあるけど

萩尾望都の描く原作が完璧なので
読み手 それぞれの中で
エドガーやアランそして、メリーベルが完成してしまっているので
逆に難しいですよね。
この世界観を完璧には、再現できないでしょう。

昔、同じ萩尾望都が原作の”11人いる!”が 実写版やアニメになったとき
幻滅してしまった一人ですから。

私の大切な世界をぶち壊したわね~と怒り心頭でした。
後、
【イグアナの娘】は、菅野美穂がデビューしたての頃テレビドラマになってましたが
原作から離れていた気がするので、ほとんど見てないしと
今、思い出しました。
原作が、漫画の場合、その世界観をどう表現するかは、難しいのかもしれません。

といっても、最近のテレビドラマや、映画は、原作がマンガというのが多いですから
そして、それが又受けているのを見ると
映像化して大丈夫なものを選んでいるんでしょうかね。

最近、萩尾望都と同じ 花の24年組が再び注目を浴びてるのですね。

昨年は、竹宮恵子の【地球へ・・】が再編集されて連続テレビアニメになったし
これについては、原作の設定を変更されてしまった部分と
しかし、現代風にもなったといえる部分もあったりして
どうとも言えませんが、
やはり、原作本の雰囲気を完璧にとは言えないなぁ
一応見たけど、あんまりドキドキしなかったですね。

そして、大島弓子の作品もいろいろとリメイクされて新しく出てましたね。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-26 21:54 | きままな読書好き
a0009747_15493461.jpg


このキスシーンポスターに惹かれて
観にいきました。
監督が、ウォン・カーウォイ監督ということもあって
映像美に期待していきました。

ニューヨークといういかにもアメリカ的な街が舞台なのに
アメリカ的な匂いが感じられない映画になっていたのが不思議でした。

近未来的な映像の中に、なぜか懐かしいものを感じる雰囲気を醸し出していました。

ロードムービーでありながら恋愛映画
いろんな形の”愛”の形

人は、寂しい生き物
孤独の中で、だからこそ”愛”を求めずにいられない

やはりクライマックスは、ポスターのこのキスシーンでしょう
とってもロマンチックでしたよ。

そして、ブルーベリーパイにアイスクリームをかけて食べたくなっちゃう映画でした。


a0009747_15511435.jpg





マイ・ブルーベリー・ナイツ | ウーマンエキサイトシネマ
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-24 15:53 | きままな映画好き
ダライ・ラマ14世がインドに亡命して数十年

全世界の注目が中国とチベットの関係に集まった事件が起こりました。

日本政府は、中国との微妙な関係があるので
チベットに対しても台湾との関係にしても
表立った行動ができないのが現状ですが、

ダライ・ラマ14世は、ここ頻繁に訪日していますし
民間の団体が、ダライ・ラマ14世を支援しています。

暗殺の危険性があると云われていましたが
ここ最近の事件で
中国政府のダライ・ラマ14世に対する表明を聞く限り
やはり そういう状況なんだと
改めて認識させられます。

でも、北京オリンピック開催国となったことが
中国政府を追い込んでいく気がします。

今回、暴動がおこったことで
結果的には、チベット民族の歴史に
全世界の注目が集まって
かえって、良かったんじゃないかと思っています。

以前、あるハリウッド俳優が中国のチベット政策について批判していましたが
その時は、こんなに大きく取り上げられなかった気がします。

ダライ・ラマ14世の話の中には、日本民族の考え方が世界平和に繋がるという事が出てきます。

日本の宗教を例にたとえて
八百の神々を認める民族性が
世界のあらゆる民族の違いを認め受け入れることができる
そういう民族性が世界平和につながると

日本の国土の形を見ても
シルクロードの最終地点ということで
あらゆる文化や文明が融合して
今の日本文化が出来上がっていますものね。

違いを認め合い受け入れる


そういうことが、日常生活においても
人生の課題になっている気がします。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-21 22:14 | 徒然
a0009747_13535216.jpg

今日は、めでたい!
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-15 13:53 | ヨロコビ

久しぶりに映画の話を・・・

ジャンパー(字幕版) | ウーマンエキサイトシネマ
先行上映を観てきました。
a0009747_21582220.jpg


この映画、かなり前から楽しみに待っていました。
昨年春、主演の二人が東京でロケを行っていた時から
どんな映画になるんだろうと
ワクワク楽しみにしていました。

先行上映で、本上映前(本来は、7日から上映)なので、ネタばれは、避けますが・・・
東京の方では、一部の映画館で明日からも観ることができるようです。

期待にたがわず、今まで感じたことのないような
ジャンパー(瞬間移動)を映画館で味わうことができました。
元々 超能力ものが好きなので
そういう世界は、大、大好きですね。

[ボーン・アイデンティテイー]や[Mr&Mrs.スミス]のダグ・リーマン監督だけあって
本当に小気味よいテンポ感というかリズム感にあふれた映画でした。

改めて感じたんですが
この監督
映画が進むにつれて
主人公たちを全身傷だらけのボロボロにして行くのが好き!とみた
スミス夫妻も壮絶で、あり得ないバトルを展開しましたが

この[ジャンパー]も壮絶で、あり得ないバトルシーンが
でも、このバトルシーン
結構、好きかも

なんとなく
元気になって 
映画館からでてきました。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-02 22:13 | きままな映画好き