ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月22日 に見てきました。
最近の映画上映にしては珍しく しばらくの間 指定席発券という感じなので
どうしようかなぁと 思っていましたが
(都会の方の映画館は、指定席が当たり前だと思いますが、こちらの方は、平日はほとんど自由席で早い者勝ちなんですよ。)
平日の中途半端な時間だったら そんなに埋まっていないだろうと予測しまして
それに
予約しようにもわざわざ劇場まで行かなきゃいけないので
それも面倒なんで 行き当たりばったりでなんとかなる そういう気合で行きました。

ダンナと二人だと 今は、夫婦割引で2,000円で見る事が出来るというのが嬉しいですね。
平日の中途半端な時間もかかわらず 人は入ってましたが
やはり案の定 そこそこ良い場所に席が取れました。
前の方は、がら空きでしたから

何故、今 アニメでこの描写でなければならないのか
何故、今 この内容なのか
そういうような事が すごく伝わってくるなぁ
宮崎さんの熱い思いが感じられるなぁというのが見終わって一番感じましたね。

人は目先の欲に囚われて 大事なものを性急に失いつつあるんじゃないか
この物語の背景には、そういうメッセージがあるように感じられます。

表向きは、ラブストーリーなんですが
今だからこそ伝えなければならないことが いっぱい受け取れるし 考えさせられる内容でした。
でも
なんといっても宮崎アニメの特徴である浮遊シーンと風は、健在で
コレコレ このシーンがないと!なんて 喜んでいました。

後、気になっていたハウルの声なんですが、懸念してたよりも良かったので 安心して物語に入っていけました。

23日午後八時 追記

私の好きな映画監督の言葉で
「映画は、人に見てもらえる事で本当の完成だ」という言葉があります。

その意味は、映画を見た観客一人一人によって
その心の中で映画が育つからです。

映画を見終わってなにかしら感銘を受けたとしたら
その事が何かを生み出すきっかけになる

今回のハウルの動く城も そういう映画だと思うのです。

反戦のメッセージも決して声高でなく
ラブストーリーも大きな意味で言えばという感じでべたべたしたものではなく

どちらかというと 観客によって自由に解釈できる余地が随分と沢山あります。

そういう意味では、観客が自由に想像性を羽ばたかせる事が出来る
そう感じる映画だなぁと 今回は特に感じ入りました。

More
[PR]
by yorunoniji | 2004-11-23 11:14 | きままな映画好き
a0009747_2161893.jpg


私自身がNPO法人に関わっているという事もあって
最近 ボランティアという事に考えさせられる事が色々ありました。

10月の終りに県のボランティア大会というイベントの講演を聞いたんですが
講演者の方が すごく素敵な方で お話も堅苦しくなくとっても面白く
いろいろと参考になる内容でした。

大阪の 社会福祉法人 大阪ボランティア協会の

 ”早瀬 昇”さんという方なんですが

この方がもうバリバリの大阪弁でボケとツッコミを一人二役でやるような感じで
パワフルな講演でした。

ボランティアっていうと 無償の奉仕というイメージが強いんですが
有償のボランティアも増えてきているんですね。

その違いは何かということを 面白い例えをしてくださったんです。

無償ボランティアというのは、
余暇を利用してでも出来る
家事のような仕事に対しては、出来る時に出来る人がという

しかし 介護などのような一刻も猶予がない仕事に関しては、
そのお手伝いする方の時間を束縛するという事になってきますから
時間を拘束する事に関して有償になってくるという考えかたになります。

そして、私が関わっているNPO法人は、基本的にはボランティア精神ですが
この活動を維持する為に 必要最低限の費用が発生するので
報酬を頂くという事になっています。

ただ、企業のように利潤を追求するのではないので
活動費用がまわっていければ良いというのが前提にあるのですね。

ちなみに 私が関わっているのは、パソコンを使いこなす事によって
人と人とのコミニュケーションの輪をひろげようという理念を持って
いろんな所で いろんな方にパソコン講習をやっている団体です。

そして、ここに関わることによって自分の夢を実現させたい人を応援するという理念も持っています。

私自身は、ここの代表からパソコンを教えていただいたことで
そういう経験によって180度も視野が広がったので
そういう人を増やせたら良いなぁとおもって
何かお手伝いできたらという気持ちで関わっています。
本業が忙しくて 完全にとまでは程遠い関わり方かもしれないんですが
出来る事を出来る時にという無理の無い関わり方をしています。

先日の早瀬さんの講演の中にでも NPO法人などの市民活動が
これからの社会の中では、とても重要な活動を占めるようになってくるという内容でした。
そして
行政と市民活動団体
企業と市民活動団体の 【協働】という関係が進んでいくだろうという話でした。

特に今までの企業の考え方だと企業があって働く市民という感じでしたが
これからは、市民があって企業が成り立つという感じになってきているという事です。

ただ、NPO法人活動などもそうですが
そういう市民団体活動って個々の自主性とその活動団体の理念の一致が大事なんですね。

私の関わっている団体なども色々な問題がありますが
一番大切な事は
個々の違いを認め合う
それが 一番重要で障壁の多いところなんですね。
個々が出来る事 叉は、関わり方の違い
その違いを仲間同志で認め合う そういう部分があって
自主性があってこその 活動なので
自主性の違いで、ぶつかる事があるのですね。

後、よく感じるのが「夢」のない人が多いなぁという事です。
夢を持つ事が出来る人が増えてくる様になれば もっと世の中変わるかなと 
思う事が最近 よくあります。

最後に早瀬さんが資料としてくださったなかに なるほどとおもう文があったので
自分の覚書の為にも書き写します。

市民活動は、恋愛に似ている

1、ともに、自発的な無償の行為だ。
2、ともに、対象を選べる
3、ともに、好きである事が選択の重要な基準となる。
4、ともに、”機能”以上に”存在”に意味がある関わりである。
5、ともに、出会いは偶然による所が大きい。(これは、私は必然だと思います。)
6、ともに、自分だけが満足するだけでは、うまくいかない。
※ だから、市民活動の”心構え”は、親友と付き合う際のルールと同じ!


これを読んで なるほどなぁと色々考えました。
そして
いろんな方の講演を聞くというのも いい勉強になります。
[PR]
by yorunoniji | 2004-11-09 22:03 | 徒然
最近 読みたい病が復活して
今まで ず~~~と 積まれたままになっていた本を 読み出したら 止まらなくなりました。

私の場合、パソコンをやっていなかった時は、そういう時間 ほとんど読書だったので
本を読み出すと パソコンに座る時間がなくなります。

はっと気がついたら もう11月ではないですか。

ここ1ヶ月で かなりの量を読んだなぁと 自分でもびっくりしました。

オーストラリアに行く前に

沢木孝太郎の 深夜特急 6巻全巻を読んで

もう旅する若者の気分にど~~~っぷり浸かって
オーストラリアに旅する気分を 盛り上げたんです。

若いって ほんと 良いなぁと 

旅行から帰ってきてからは、

スターウォーズの最新のノベライズ
EP2とEP3に起きた出来事を書いたものです。
この後に EP1をみると ちょっと切なかったですね。

そして
読みたくて たまらなかった ハリーポッターと不死鳥の騎士団

a0009747_236896.jpg


ほとんど三日間で読み終わりました。
読み出したら 止まらない性格なんです。

しかし 今回は、最初から意外性で突っ走りますね。
ハリーのダークな面を かなり掘り下げてますね。
ここで、この先 この物語についていけるかの分かれ目になる巻だと 感じました。

私・・・・
もちろん ついて行きますよ。
後 残す所 2巻だから 最後の結末まで行きますとも

読んでいるときに なんとなく
もしかしたら
訳者の 松岡さんに何か変化があったのかなぁとも感じたんですが
これは、単に私が感じる感覚なので 何とも言えませんが
後 2巻を待ちましょう。

そして、童画家の
いわさき ちひろの最新本 「ラブレター」
これは、日記とエッセイを組み合わせたような感じの本でした。

中々に 情熱的なちひろ像が感じられて
さらに 人間 いわさきちひろが 好きになりました。

今日 読み終えたのが
天童荒太の「孤独の歌声」

天童荒太を始めて読んだのが 「永遠の仔」という本で
本当に魂が揺さぶられるような余韻を味わいました。
その時から ずっと気にはなっていたのですが
かなりの長編「家族狩り」シリーズを読む前に 
この本こそが伝説の始まりという 裏表紙の文に引かれて
「孤独の歌声」に手が伸びました。

まず、三人の登場人物の孤独をこれほどまでに書き分けたのが凄い
そして
この孤独を味わったものならば
必ず合点が行くような描写があって 
私自身が感じている。叉は、感じた孤独が この本の随所に見つける事が出来たのです。

そして、読書後は、思いもかけず
心がスッキリとする感覚を感じました。

今度は、どっぷりと「家族狩り」シリーズにはまりたいと思っています。
いつかは、という感じですが。

私の場合 ひとつのものをじっくりと読みながら
もう一方では、まったく違うジャンルのものを ちょっこっと読みするくせもあります。

ちょっこっと読みしているのは、ダライ・ラマ14世の半期を綴った本とか
ある動物記の本など2・3冊が交互に同時進行してます。
これは、ほんとうにちょっこっとずつの歩みなので いつになったら読み終わるのか
自分でも分かりません。

本を読む時って 一挙にその世界に入っていける時と
まず かじりながら いつの間にか入っている場合
少し 助走をしてからスピードが上がる場合と
その時々ですね。

読みたくないときは、まったく手付かずの場合もあります。
いつか 読もうと思って積読本が かなりたまってはいるのですが
次々に 読みたい本が目の前に現れるので
昔読もうと思った本を 忘れていく
そういう自分が 怖いです。



 
[PR]
by yorunoniji | 2004-11-03 23:43 | ヨロコビ