ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

<   2004年 04月 ( 111 )   > この月の画像一覧

a0009747_73229.jpg


何はともあれ あの3人の方が無事に開放されて良かったですね。

まだ二人の方が拘束・他の国の方も人質になっておられる方の無事を祈りたいと思います。

そして、今回のイラクでの人質事件によって
”自己責任”という言葉が
盛んにマスコミや世論で取り上げられていますよね。

その取り上げられ方を見て
なんというか ちょっとなぁ~という気持ちを感じているんです。

敢えて 危険という事をわかって行ったんだから
という感じで、家族をも責めてるわけですね。

たとえ 3歳の子供であっても1つの自我が芽生えているわけで
その意思を 家族だからって無理に曲げる事は出来ないし
まして今回は、判断力のついたいい年の大人が自分の意思でやってることだから
ご家族を責めるのは、お門違いだと思うんですよ。
逆に、家族にしてみれば 
いきなり 荒ぶる海の中に放り込まれたようなもので
その心中を察すると同情したくなりました。

では、あの3人は
敢えて危険といわれる所に何故行きたいと思ったのか
そして、その他にも行っている人は、いるわけですよね。
その所を考えると、一概に”ばか者”呼ばわりも出来ない感じがします。
確かに今回は、日本政府を巻き込む形の事件になってしまった訳ですけども

実際に現実にある話として
冒険家と言われるような方々も 敢えて危険と隣り合わせの事をしていっらしゃる。

そんなのと一緒にするんじゃないよという意見もあるかもしれませんが
危険な所に 何故行くのか?
という部分を見るという事に焦点を絞ってみましょうということで

特に日本で良くあるのが冬山登山での遭難
冬山なんて危険に決まってるじゃないですか。それでも何故登るんでしょう?
もう 訳なんか無いんでしょうね。

自分が生きているという実感を得るため。
自分の可能性をそういう事に見出す。
自分がそれをしなければ という想いに突き動かされて。

そういうのは、もうご家族の意思とかは関係無いんです。
その人自身の生き方・人生ですから

人の生き方に 正しいとか間違ってるとか そう言える人なんていないんです。

自分で敢えて選び取った生き方だから 自己責任という部分は考えていると思います。
ただ、自分自身の力ではどうする事も出来ない 
大きな流れに飲み込まれてしまうこともあると思うのです。
そして
人は、いえもう生きとし生けるものは全て
「お互いさま」で生かされているんですよ。
「人様に迷惑をかけるな」と言っても もう生きてるだけで迷惑はかけているんで
もう一方で、誰かの為に生きるという事が必要なんですね。

だからこそ あの3人の方には、自分の生き方を貫いてほしいなぁと感じるのです。
多分、今回日本に帰ってきたら 締め付けがつよくなるでしょうねぇ~
今後 どういう風な生き方をしていかれるのか と
叉、マスコミに追いかけられるんだろうなぁ ・・・・
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-17 07:33 | 徒然
a0009747_231657.jpg
折りたたまれて

伸びゆく力を

蓄えている

生命の

強さが

小さな

新芽

1つ

1つ


[PR]
by yorunoniji | 2004-04-16 23:00 | ヨロコビ
a0009747_225511.jpg天使の羽が 

3つ

自由に

風にのって

羽ばたきながら

一瞬の姿

あっという間に

空の青に

融けて行きました。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-16 22:56 | ココロ
 
    雲が風に食べられて

    こんな風に


   
a0009747_225111.jpg




   ほねに なっちゃった・・・
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-16 22:52 | ココロ
春ですね。
気がつけば、
あちらこちらで 新入社員の初々しい姿が 見かけられます。
一生懸命の姿は、感動もんです。
でも・・・・
今日のスーパーでの事は 客としても どうも居心地が悪い。

”新入社員を育てる” そのやり方って あんなもんですか?

レジに何人かの新入社員らしき 初々しい姿が
それは良しとして、問題は!・・・その後ろに一人ずつ先輩社員が見張ってるんです。
それが叉、本当に新入社員のレジ打ち姿だけを見てるだけ
ちょっと 異様じゃないですか?”にこり”ともせずに、まるで間違い探しをしている雰囲気。
一瞬 引きそうになりました。・・・(違うレジに並べば良かったかなぁ)とまわりを見渡しましたよ。

先輩社員のあの姿勢はいただけない。
サポートするなら ちゃんと一緒に笑顔で「いらっしゃいませ~♪」必要じゃない?

あるレジの先輩社員の注意の仕方は凄かった。
レジの置いてある壁に腕組みで寄りかかって 「ちょっとぉ~そうじゃなくてェ~1個1個打つんじゃなくて、数掛けて」 
お客の見てる前でチョット その態度はないんじゃない と思わず言いそうになってしまった。
帰りに ご要望カードを探しましたよ。あんたとこのスーパーの社員教育の仕方おかしいよ。って書いてこようと思って。

新入社員が始めから テキパキ レジが出来るとはお客も思っていないから
あら捜しするんじゃなくて、気持ち良くお客様に買い物していただくように接する 
そういう教育で良いんじゃない?
あんな風に先輩仁王立ちじゃ、ガチガチの応対になっちゃうよ。
なんか あそこの新入社員には なりたくない と思って帰ってきました。

本当のプロを育てる。・・・・もう少しあのスーパーの上は考えた方が良いんじゃないかな。。。。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-15 22:31 | 徒然

           今日のどんぐり♪


         
a0009747_204923.jpg



           影法師がおまけ

          双葉が開いてきました。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-15 20:50 | どんぐり
a0009747_204451.jpg風によって

だんだん

だんだん

だんだん

たくさん

だんだん

だんだん

だんだん

みだされて

だんだん

だんだん

だんだん
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-15 20:45 | ココロ
a0009747_203924.jpg
        
       
        今日の空は、雲と風のシンフォニーが奏でられていました。

                 その中で

                 ただ ひたすらに

                 ただ ひとすじに

                 一直線の白い道
 
                 ただ まっすぐに

                 
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-15 20:40 | ココロ
毎年恒例の古城シリーズの制作を始めました。

a0009747_203446.jpg


今年こそは、軽いものを・・・と思いつつ
展覧会用には、大きくないと会場の大きさに負けてしまいます。

その題名が最初からある場合と
形のイメージが先になる場合と あります。

今年は、昨年からやり始めた 灯篭をイメージしています。

粘土をひたすら 積み上げる 地道な作業が続きます。

こういう状態でも
焼きあがりの姿は、頭の中に 見えているんです。が

形の方が たいがいは、制作途中に変わっていくのです。

粘土を積み上げていくうちに、
それが意思を持つようになり、形が造られていく感じです。

どういう風に変わっていくかは、これからのお楽しみです。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-15 20:35 | 作陶
ディオニソス
↑で
インターネットでタロット占いのサイトが紹介されていました。

私は、こんなん出ました。

a0009747_232450.jpg


禅は、頭から出て根源に行くことをあなたに求める ……。
それは、頭でのエネルギーの使い方に禅は気づいていないということではなく、
エネルギーがすべて頭で使われていたら、
あなたは自分の永遠性にけっして気づかないからだ……。
あなたは、全体とひとつであるとはどういうことなのか、
それを体験として知ることはけっしてないだろう。
エネルギーがまさに中心にあり、脈打っているとき、
エネルギーが頭にもハートにも、どこにも動かずに、
ハートがそこから受け取り、頭がそこから受け取る源そのものにあり、
源そのもので脈打っているとき??それこそが、まさに坐禅の意味だ。

坐禅とは、どこにも動かずに、ただ源そのものに坐ることだ。
途方もない力が湧いてくる。
光と愛への、もっと大いなる生への、慈悲への、創造性への、エネルギーの変容。

エネルギーは多くの形を取ることができる。だが、あなたはまず、いかにその源にあるかを学ばなければならない。
そうすれば、あなたの潜在能力がどこにあるのか、その源が決めてくれる。
あなたは源でリラックスすればいい。
そうすれば、源があなたの潜在能力そのものへと連れていってくれる。

解説:
「足が地についている」とか「中心が定まっている」と私たちが言うのは、この「源」のことです。
創造的なプロジェクトを始めるとき、私たちはこの「源」に波長を合わせます。

このカードは、私たちにはエネルギーの巨大な貯蔵庫が用意されていることを思い出させてくれます。
そして、その貯蔵庫に入ってエネルギーをくみ取るためには、
考えて計画を立てるのではなく、地に足をつけ、中心に定まり、「源」との接触がもてるほど沈黙しなければならないということも……。
それは、生命と滋養を与えてくれる自分の、個人それぞれの太陽のように、私たちひとりひとりの内側にあります。
脈打ち、入手可能な、純粋なエネルギー??
それには、私たちがなにかをやり遂げるのに必要なものであれば、
なんでも与えてくれる用意がありますし、休みたいときはいつでも家に帰るのを歓迎してくれます。
ですから、あなたがなにか新しいことを始めようとしていて、
まさにいまインスピレーションを必要としていても、
あるいは、ちょうどなにかをやり終えて休みたいと思っていても、「源」へ行きましょう。

それはつねにあなたを待っています。
しかも、それを見いだすには、自分の家から一歩も出なくていいのです。

コチラで占いできます。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-14 23:25 | 訪問者