ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

カテゴリ:訪問者( 11 )

中空庭園・別館さんから ご指名を受けました。
遅くなりましたっ(慌)

yuuji4uさんとの出会いは、忘れもしません。
宮部みゆきの著書【模倣犯】について書き連ねた つたない文にコメントしてくださったんです。
まだまだブログを始めて日も浅く まったく知らない方からの暖かいコメントに
嬉しい気持ちでいっぱいでした。
その記事に関しては、確か
かの”近海マグロに焼き入れる”のicedayさんからもコメント頂いてました。
お二人からのコメントは、ほんと天にも昇るほど 嬉しかった気持ちを覚えています。

そのyuji4uさんから 友達の輪を繋げて頂いて ほんと 光栄です。
おまけに 大人の女性なんて書いて頂いて ほんと照れます。
たぶん 本人を知っている知人・友人がこれを読んだら 吹き出すでしょう。

かなりのおっちょこちょいの人間ですからね。
まだまだ 大人にも成り切れてないんですよ。ほんと 恥ずかしいです。

yuji4uさんのブログは、落ちついた語り口で、それこそ大人のダンディズムを感じさせてくれます。
話題もサッカーから音楽・仕事のこと・日々の思い等 多岐に渡っていて
なんだか ホッとするブログだと感じています。

私がブログを始めた頃は、一万人もいなかったのに
今では、このブログ人口も八万人突破ですね。
広大なネットの世界で、こうして 出会ってコメントで友情が育めるって素晴らしいですよね。

ブログ上では、男・女・年齢・肩書き そういうものは、あまり意味をなさなくて
ある意味の平等が存在しているというのが良いなぁと感じています。

ああ~。ある事に気がついて どうしようと悩んでしまいました。
次の方へのバトンタッチです。1日悩んでしまいました。

ここに訪れてくださっているすべての方に繋げたいのに それが出来ないんですよね。

そこで、トラバしたかったのに その独自性故に 中々トラバできなかったこの方に繋げたいと思います。じゃなくて トラバして頂きたいと思います。

カツオくんは永遠の小学生の鰹さん
パワフルな文体と独特の語り口は、日を追うごとに 回を重ねる事に
まるで 海の中の魚のように
ブログ社会という広大な海の中で自由自在に泳ぎまわっているように感じます。
私は、
鰹さんの初期の記事すれちがう感情と言葉。を読んだ時
そこに 真実の鰹さんの思いが詰まっていると感じました。

人は、相対しても言葉の受け取り方で 分かり合える事ができない事もある
まして ブログ社会では、本当に目に見えない部分が多いから
文体だけで その人成りを判断しがちですが
私は、目に見えない部分 その文体の余白部分に
本当の姿が見える気がするのです。
鰹さんは、心優しい 男性なんだろうなぁと感じるのです。

という事で、鰹さん 繋げてください。ちょうど15番目になる筈ですよね。




■友トラ カウント 14■

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆友達の輪トラバテンプレ☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆
【企画名】  ブログに広げよう友達の輪
【コンセプト】 トラックバック先を逆指名して友達の輪を作れ!
【ルール】  ブログ友達を1人指名して、トラックバックしてもらってください。
 指名先に事前に内諾を取ることも、事後にお知らせすることも可とします。
 指名された方は、記事内にてカウントした数字を必ず入れ、次のトラバ先を
 ご指名ください。エキサイトからはみ出ることも可とします。
 誰かが2回目の指名を受けてしまったら企画終了です。
 
 指名されたらまず、注意事項を確認してくださいね。
http://iamyoursun.exblog.jp/1157878/
*このテンプレを必ず文末にコピペしてね。
 企画元『僕は君の太陽だ!』http://iamyoursun.exblog.jp/
 supported by 『毎日が送りバント』http://earll73.exblog.jp/
☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆
[PR]
by yorunoniji | 2004-10-24 10:08 | 訪問者
27考改め28考 -紙人ニッパチ号with鰹人28号、二重発酵中-さんが28歳になられたとの事
すでに誕生日は、過ぎてしまっているのですが
ちょうどその日に撮った夕空の写真があったので
それに言葉を添えてお祝いの気持ちを送りたいと思います。

読むべし
この記事のように 人は出会いによって変わっていく
たくさんのひとに良い刺激を受けて 生きていきたいですよね。

a0009747_2246199.jpg


          ピンクのカクテル色に染まった八月の夕暮れ

          金色の飛行機雲が 空を引き裂いていく

          八月は、日本人とっては特別な月

          昔 昔

          たくさんの若者が 空に 海に 散った

          たくさんの中途の希望が 空(くう)に 散った

          そういう事を 

          思い出させてくれる八月に 

          君は、生まれたのだから

          たくさんの想いを受けとめて

          叶えられなかった たくさんの夢の分

          これからも 楽しんで生きて欲しいな









----------
☆鉄人28号祭りに参加中☆
----------

●企画元: 発展途嬢公園(仮)(なっちょこ) http://nutschoco.exblog.jp
    :やみくもバナナメロン(クレマム)http://nightegg.exblog.jp/
    :一休寺(一休)http://cousaku.exblog.jp/
[PR]
by yorunoniji | 2004-08-09 23:02 | 訪問者
そこのあなたと呼ばれたので ハイハイと 参加してみます。
企画元は、DOLLな日常のdoll_ddさん
【持ち回りテーマ∞第19回テーマ:花火】です。

私の場合は花火の想い出といきましょう。


私が生まれ育ったのは、田舎の山の町でしたが
小学生の時に大阪万博があり 大半の子達は、夏休みに大阪万博に連れていってもらっていました。
夏休みが終わって図画の時間に万博の想い出として絵を描きなさいと言われ
私と もうひとりかな?
行ってない子は、夏休みの他の思い出を描きなさいといわれ
私は、夏休みに家族でした花火の絵を描いたんです。

だけど、ほんと寂しかった。大半の子達が行った万博に行けなかったという事が悲しかった。
その当時、月刊小学○○生には、万博の特集が組まれていて
月の石や 人間洗濯機などをこの目で見てみたいと どんなに切実に願った事か
行きたい 行きたいと 母や父に懇願したけど
その願いは叶えられなくて
我が家は、その年 母親の体の調子が悪くて行けなかったんです。
(結局 その翌年に母親は、ガンで亡くなったのです。)

夏休みが終わってから さらに追い討ちをかけるように
図画の時間にそういう課題を出され
結局は、花火を描いた私の絵も大阪万博の絵と一緒に壁に貼ってあっても
みんなが 万博の絵を描いているのに
そういう横に 何の関係もない花火の絵があるのが 嫌だった。

花火というと どうしてもその当時の私の心が蘇ってきてしまうのですね。

何故か大阪万博の事が今でも花火とセットになっています。

万博の太陽の塔もテレビや雑誌でしか見れなかったというのが
いまだに 心残りで
多分 そういう心の反動なんでしょうね。
行きたい所には行くという 今の私がいるのは・・・・
だから なんとか万博という名があるのには、異常に反応してしまう私なのです。

来年だったけ、愛知万博ってありましたよね。
きっと、行くだろうなぁ~。。。。


そして dollさんのもうひとつの企画トラバです。

あなたの携帯ストラップ教えて

私の携帯ストラップは、映画マトリックスの前売りに付いていた電話が鳴る前に光ってお知らせのやつですが、今はもう電池が切れたみたいですね。
もうひとつは、生徒さんが制作したガラスのトンボ玉ストラップ
このガラスの部分がブルーのマーブルで 小さい地球のような感じがして好きなんです。
この生徒さんは、市民学習でガラスを習っていて 今でもたまにトンボ玉でストラップを造ったり、ネックレスを造ったりしているんです。
このストラップ 500円で買ったんです。本当は、そんな値段では出来ないものだと思いますけどね。

a0009747_223937.jpg



持ちまわりテーマのルールです。
[PR]
by yorunoniji | 2004-07-13 22:40 | 訪問者
ディオニソス
↑で
インターネットでタロット占いのサイトが紹介されていました。

私は、こんなん出ました。

a0009747_232450.jpg


禅は、頭から出て根源に行くことをあなたに求める ……。
それは、頭でのエネルギーの使い方に禅は気づいていないということではなく、
エネルギーがすべて頭で使われていたら、
あなたは自分の永遠性にけっして気づかないからだ……。
あなたは、全体とひとつであるとはどういうことなのか、
それを体験として知ることはけっしてないだろう。
エネルギーがまさに中心にあり、脈打っているとき、
エネルギーが頭にもハートにも、どこにも動かずに、
ハートがそこから受け取り、頭がそこから受け取る源そのものにあり、
源そのもので脈打っているとき??それこそが、まさに坐禅の意味だ。

坐禅とは、どこにも動かずに、ただ源そのものに坐ることだ。
途方もない力が湧いてくる。
光と愛への、もっと大いなる生への、慈悲への、創造性への、エネルギーの変容。

エネルギーは多くの形を取ることができる。だが、あなたはまず、いかにその源にあるかを学ばなければならない。
そうすれば、あなたの潜在能力がどこにあるのか、その源が決めてくれる。
あなたは源でリラックスすればいい。
そうすれば、源があなたの潜在能力そのものへと連れていってくれる。

解説:
「足が地についている」とか「中心が定まっている」と私たちが言うのは、この「源」のことです。
創造的なプロジェクトを始めるとき、私たちはこの「源」に波長を合わせます。

このカードは、私たちにはエネルギーの巨大な貯蔵庫が用意されていることを思い出させてくれます。
そして、その貯蔵庫に入ってエネルギーをくみ取るためには、
考えて計画を立てるのではなく、地に足をつけ、中心に定まり、「源」との接触がもてるほど沈黙しなければならないということも……。
それは、生命と滋養を与えてくれる自分の、個人それぞれの太陽のように、私たちひとりひとりの内側にあります。
脈打ち、入手可能な、純粋なエネルギー??
それには、私たちがなにかをやり遂げるのに必要なものであれば、
なんでも与えてくれる用意がありますし、休みたいときはいつでも家に帰るのを歓迎してくれます。
ですから、あなたがなにか新しいことを始めようとしていて、
まさにいまインスピレーションを必要としていても、
あるいは、ちょうどなにかをやり終えて休みたいと思っていても、「源」へ行きましょう。

それはつねにあなたを待っています。
しかも、それを見いだすには、自分の家から一歩も出なくていいのです。

コチラで占いできます。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-14 23:25 | 訪問者
諸星大二郎

・・・久しぶりに目にしたなぁ
昔 昔 その昔 週刊少年ジャンプを買ってた頃 読んでました。
懐かしい・・・
その時のマンガは、確か「夢見る機械」・「暗黒神話」

夢見る機械は、今でも心に残っています。

私の記憶が確かならば・・・・
宇宙から戻ってきたロケットが乗員共々ロケットと一体化していて
その内、地球全体にそれが広がって
ヒトも樹も機械も 全てが一体化するというストーリーでした。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-23 21:18 | 訪問者
ご訪問ありがとうございます。

「父親」になるために

出産に立ち会うって素晴らしいですね。

私の周りでは、自然分娩で自宅出産というのが流行っています。

まぁ、昔はそれが当たり前だったんですけどね。
今の病院で管理されて大事のように扱われるというのは、どうなんでしょうかね。

ちなみに ダンナの場合六人兄弟なんですが
舅が全部取り上げて、へその緒を切って後産も後始末したそうですよ。

その話を姑から聞いたときは、すっご~いと感心してしまった。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-23 20:29 | 訪問者
書き込みありがとうございます。

白い巨塔

私の周りでも 結構話題になっていました。
残念ながら私は全然見れなかったのですが、はまっている人の話は聞いていました。
そして面白い事に同時に砂の器にもはまっているんですよね。

私は、田宮二郎のやつを子供の頃に見た記憶があります。が、難しくて訳が分からなかったという事しか残っていないです。

やはり、最後の唐沢の演技が良かったという感想を聞いています。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-23 20:00 | 訪問者
書き込みありがとうございました。

基本的善良住宅

近海マグロに焼きを入れる というサイト名にオオッと感じて
ちょくちょくお邪魔させていただきましたが、
その文章に さらに感じ入ってしまいます。

もう下手な連続テレビドラマよりずっと面白いです。

私にとっての理想の住まいは、海が見える山の中腹にある家でしょうか?

ともかく 窓から景色が見えるというのが良いですね。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-23 19:49 | 訪問者

今日のおやつ

このフリーカップと銘々皿は、昨年の個展でお買い上げ頂いたんです。

こういう風に日常的に使っていただいてるのが嬉しい♪

ありがとうございます。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-23 18:49 | 訪問者
お言葉に甘えて、訪問させていただきました。


★スキャンディスク・デフラグが終了しない
わたしのパソ君も 昨年そういう状態になりました。
ちゃんと まめにメンテしてなかったのと、もう時期的な事もあったので
結局は、再インストールしました。

でも、パソコン初心者にとっては、ありがたいサイトですね。

叉覗かせて頂きます。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-23 18:13 | 訪問者