ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

カテゴリ:松本クラフト( 5 )


去年 噂に聞いていたこのクラフトフェアに 初めて行ったせいもあって
かなり 感動して帰って来てから
今年の この日を待ちわびていました。

今年は、まず思ったのが 去年よりも人が多くない?
なんか、お祭りの縁日のような感じだぞ

入り口から色々と面白かったんですが、
去年よりも出展者が多く感じたのは、気のせいかしら?

後、自分が焼き物をやっているせいか 焼き物屋さんが、多い感じがして
正直 ちょっとびっくり
後、去年と同じ作家さんは、同じような作品を並べているのに気が付きました。

自分が坂の町アートに出展する時は、新しいものを制作しているので
意外な感じがしました。

アートマーケットだから いいんですね。
自分の個性を出した作品ということであれば、毎年同じ物の方が、お客さんに覚えてもらえますよね。

フォトは、また落ち着いてからアップします。
[PR]
by yorunoniji | 2007-05-29 23:07 | 松本クラフト
a0009747_1048287.jpg

今年も来ました。クラフトフェア松本に・・・・・

去年より賑やかな感じがします


お客さんも賑やかでしたが、出展者も多かった
[PR]
by yorunoniji | 2007-05-27 10:48 | 松本クラフト
松本クラフトフェアの続きです。

今回、初めてこのクラフトフェアを観て
その雰囲気に圧倒されて帰って来てから
私の作陶魂に火がついて、この頃は、何だかんだと作陶に励んでいます。

あんまり 堂々と写真を撮ってはいけないかと思い
そんなにアップで撮れていないのですが
色々と印象に残ったお店のフォトをアップします。

本当は、作家さんと話をしながら フォトを撮らせて貰えばよかったのですが
時間が、限られているという事もあって 
駆け足で、回ったという感じです。

私が一番 感銘を受けた作家さんの作品です。
この方の作品を見て
「この作品こそ、アートと暮らしの融合だなぁって」深く感じました。
a0009747_1644657.jpg

自分自身の目指す世界が
生活の中にアート作品を取り入れてもらって
その作品を日々眺めながら 楽しんで、使ってもらえる
そういう作品を生み出していけたらいいなぁって

ああぁ こういう作品たちなら、手元において楽しめるなぁって思いました。

他にもそういう作家さんの作品があって
自分自身の目指す方向がはっきり見えてきた気がしています。

それから、
この方の布作品のコーナーは、それだけでアート空間になっていて
素敵なテントでした。
前に、糸車と作品が置いてあるというのが、いい感じでした。
ちなみのこの、カメラ目線の方は、全然知らない方です。
まさか・・・?作家さん?
勝手にフォトをアップしてゴメンナサイ。(事後承諾してドウスル?!^^;)
a0009747_1695589.jpg


もうひとつおまけで、にぎやかなお店
[PR]
by yorunoniji | 2006-06-18 16:12 | 松本クラフト

昨日の続きです。
フォトの容量が大きかったようですので、小さくしてみました。
このように
クラフトフェアの入り口には、大きな木が育っていて
その木に沿うように、テントが並んでいました。
a0009747_19585237.jpg

この雰囲気でもう・・・気分は別世界ですね。

ここでは、色々なパフォーマンスも行われていて

これは、加治屋さんたちのグループのパフォーマンスです。
煙突に傘というのが面白いですね。
a0009747_2031495.jpg


こういう感じで、鉄が熱せられていました。
a0009747_2033372.jpg

もちろんこの前は、子供から大人まで人だかりでした。


そして、これは、糸屋さんのパフォーマンスで 糸を紡いでいるのですが
この男の方は、お客さんの一人のようで、慣れない手つきでした。
a0009747_2065734.jpg


その他にも、木工芸家の方が 椅子の足を削っていたりとか
広場では、紙芝居をやっていたりとか
ちょっとした、工芸村に足を踏み入れたような 錯覚に陥りました。

続きは、後日にアップします。

帰り道の寄り道
[PR]
by yorunoniji | 2006-05-30 20:18 | 松本クラフト

5月27日・28日と長野県松本市にて松本クラフトフェアというイベントがあり

陶芸の生徒さん達4人と共に27日に日帰りで行ってきました。
富山から松本まで 車で安房峠周りで、片道3時間弱ぐらいです。

私の自宅を朝7時には出発です。
私の車で、往復私が運転でした。
(中々人の車を運転というのは、よほど自信がないと出来ないものですからね。)
薄雲りの天気で、上々

ゆっくりゆっくりでしたが、工事の多い山道でも
早朝に出発したお陰で、工事を始める前に通過したので、何の問題もなく松本に着きました。
思ったよりも早く着いてしまったのですが
クラフトフェア会場には、早くも人だかりで、ビックリしました。
会場は、”あがたの森”という所です。
a0009747_19541894.jpg


元々松本旧制高等学校があった跡地のようで
建物がとても雰囲気が良くて
a0009747_19584838.jpg


参加している作家のジャンルや出身も様々なら
観に来ているお客さんも全国から来ているようでした。

こういう風に入り口で、写真を撮っている間にも
続々と 人が入っていきました。


数年前から、このクラフトフェアの噂は聞いていて
全国で開かれるアートマーケットの中でも
かなりレベルの高い部類じゃないかと云われていました。

いつか、この松本クラフトフェアを見に来ようと思っていたので
今年は、陶芸教室を休んで、その代り課外授業ということで
生徒さん達と見に行くことができました。

実際、本当に見ごたえのあるクラフトフェアでした。
いつか自分が、このフェアに参加しようかなとも思っていたのですが
縁があるかどうかは分かりませんが
もう少し、自分の心と向き合って決めようと思っています。
見に来ているお客さんの意識もアートを見に来ているという姿勢で
凄いなぁ~と感心しました。

まだ、写真をアップしようとしたのですが
ちょっと不具合で アップできないようなので
又、後日 他の写真をアップします。
[PR]
by yorunoniji | 2006-05-29 20:20 | 松本クラフト