ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

カテゴリ:きままな映画好き( 46 )

インディ・ジョーンズの影響? 「クリスタル・スカル」盗まれる | Excite エキサイトにトラバです。

映画館で、最初にこれの予告編を観たとき
なんて、ダサいネーミングだろう!って思ったんです。

いまどき、クリスタルスカルの王国 なんて

でも、インディ・ジョーンズのチラシを読んで
マヤ文明に伝わっている伝説が元になっていると分かって
ちょっと、考えを改めたところに、このニュース

否応なしに、映画公開に向けて盛り上がってしまいますね。
ちょっと、観たくなってきたな。
[PR]
by yorunoniji | 2008-05-14 20:44 | きままな映画好き
a0009747_15493461.jpg


このキスシーンポスターに惹かれて
観にいきました。
監督が、ウォン・カーウォイ監督ということもあって
映像美に期待していきました。

ニューヨークといういかにもアメリカ的な街が舞台なのに
アメリカ的な匂いが感じられない映画になっていたのが不思議でした。

近未来的な映像の中に、なぜか懐かしいものを感じる雰囲気を醸し出していました。

ロードムービーでありながら恋愛映画
いろんな形の”愛”の形

人は、寂しい生き物
孤独の中で、だからこそ”愛”を求めずにいられない

やはりクライマックスは、ポスターのこのキスシーンでしょう
とってもロマンチックでしたよ。

そして、ブルーベリーパイにアイスクリームをかけて食べたくなっちゃう映画でした。


a0009747_15511435.jpg





マイ・ブルーベリー・ナイツ | ウーマンエキサイトシネマ
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-24 15:53 | きままな映画好き

久しぶりに映画の話を・・・

ジャンパー(字幕版) | ウーマンエキサイトシネマ
先行上映を観てきました。
a0009747_21582220.jpg


この映画、かなり前から楽しみに待っていました。
昨年春、主演の二人が東京でロケを行っていた時から
どんな映画になるんだろうと
ワクワク楽しみにしていました。

先行上映で、本上映前(本来は、7日から上映)なので、ネタばれは、避けますが・・・
東京の方では、一部の映画館で明日からも観ることができるようです。

期待にたがわず、今まで感じたことのないような
ジャンパー(瞬間移動)を映画館で味わうことができました。
元々 超能力ものが好きなので
そういう世界は、大、大好きですね。

[ボーン・アイデンティテイー]や[Mr&Mrs.スミス]のダグ・リーマン監督だけあって
本当に小気味よいテンポ感というかリズム感にあふれた映画でした。

改めて感じたんですが
この監督
映画が進むにつれて
主人公たちを全身傷だらけのボロボロにして行くのが好き!とみた
スミス夫妻も壮絶で、あり得ないバトルを展開しましたが

この[ジャンパー]も壮絶で、あり得ないバトルシーンが
でも、このバトルシーン
結構、好きかも

なんとなく
元気になって 
映画館からでてきました。
[PR]
by yorunoniji | 2008-03-02 22:13 | きままな映画好き

今から、観ます!

観てきました。
「ゾディアック」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

a0009747_20283449.jpg



実際に会った事件を元にした映画なので
ドキュメンタリー映画を観ているような、リアルさをかんじました。

この暗号に 惑わされて、事件にのめりこんで行く人々の姿を描いている映画という感じです。

この暗号を解いた設定になっているにもかかわらず、
結局は、
どういう内容かということが良く分からないという事に
見終わった後に気が付きました。

こういう映画の 難しさは
俳優たちの演技合戦的な要素が強すぎると
内容自体が、置き去りにされていく危険性があるということで
今 感じるのは、この映画は、どちらかというと 俳優たちのリアルな演技が良すぎて
事件の内容をよくよく考えてみると
警察の初期調査がお粗末だった為が故の 連続殺人事件になってしまった
そういう感じがしてならない

で、結局 この暗号文って何が書いてあったんだ~って 気持ち悪い疑問のみが残っているのでした。
[PR]
by yorunoniji | 2007-06-20 20:41 | きままな映画好き

a0009747_19513973.jpg

昨年のカンヌ映画祭で最高賞に輝いた映画です。
ずっと観たいみたいと思っていたのですが
1ヶ月ほど前にやっと富山で上映されたので観たんです。
私が観た映画館の上映は、終わったんですが
今度、フォルツァ総曲輪という所で上映されます。

3月17日(土)~30日(金)


映画の内容は、アイルランド国民の悲しみの歴史です。
イングランドから弾圧を受け続け、自由のために戦い
独立を望むも その国は、北と南に分断され
同じ国民同士の内戦にまで発展してしまいます。

国を愛する気持ちも同じ、平和を望む気持ちも同じ
なのに、考え方の違いで分かたれてしまう元仲間たち
そこには、善とか悪とかで割り切れない思想の川が流れているのです。

この映画を観ていて思ったのが
人間の歴史が繰り返す 悲しい性だなぁと

民族紛争・宗教紛争など
お互いの違いが認めることが出来ないから
許す事ができないから
いつまでも争う事を続けているんですよね。

この映画の主題歌でもある
「麦の穂をゆらす風」の歌が 心の奥底に染み入ってきます。

作品詳細については、下記リンク参考にしてください。
麦の穂をゆらす風公式HP
麦の穂をゆらす風 | Excite エキサイトシネマ

又、フォルツァ総曲輪では、続々とミニシアター系の上質な作品が上映されるので
是非、一度は行ってみて下さい。

フォルツァ総曲輪上映作品紹介

主人公の俳優さんについて
[PR]
by yorunoniji | 2007-03-13 19:51 | きままな映画好き


物語詳細については、下記リンク参考にしてください

パフューム公式HP
パフューム ある人殺しの物語 | Excite エキサイトシネマ

a0009747_20371939.jpg

(C) 2006 Constantin Film GmbH

映画館で このポスターを観て 
大勢の人々が陶然とした表情で手を差し伸べている これが気になって 観てみたくなった映画です。

調香師が主人公というのが気になりました。
匂いを映像化するという部分にも興味を覚えました
目に見えない世界を映像でどういう風に表現するのか?

この時代のフランス パリは、悪臭の街だったそう
香水を生み出す調香師が大流行だったとか

香りはどういう風に生み出されるのかという流れが面白かったです。
フランスといえば、やはり南プロバンス地方のラベンダーです。
ラベンダー畑の雄大な景色を見ることができたのが嬉しかったです。

内容は、ある人殺しの物語という副題がついているように
決して愉快な内容とはいえないですが
描写が芸術的でした。

匂いに魅せられたある人間の狂気にも似たエロチシズム的感情とか孤独とかが痛いほど伝わってきます。

説明的な台詞がいっさいなくて
それでも尚 画面全体から匂いが香りたってくる様な映画でした。

ただ、観る人を選ぶ映画だと思いますので 誰にでもお勧めという映画ではないです。

参考までに
うちのダンナさんにとっては、そんなに悪くなかったようです。
[PR]
by yorunoniji | 2007-03-05 20:56 | きままな映画好き
映画詳細は、下記リンク参照してください。

墨攻公式HP
墨攻(ぼっこう) | Excite エキサイトシネマ

これもまた 上映は始まっていますが
試写会の券を頂いたので、観に行ってきました。
ちょうど3枚の券を頂いたので、久しぶりに84歳の姑も誘って観に行ってきました。
姑に この映画のチラシを見せたところ
アンディ・ラウを一目見るなり「かっこいい~わ」と 一目ぼれだったので
即 決まりでしたね。
姑にとって映画というのは、画面の中でイイ男がカッコよく決めてくれれば それで満足なんですよ。
見終わって一言
「カッコよかった~。凄い。」と満足してましたわ。
a0009747_725889.jpg

※画像は、ヤフー作品詳細ページより借りました。

ところで、私にとって
アンディ・ラウは、”インファナル・アフェア”を観た時にファンになってしまい
その時から結構気にしている俳優さんのひとりになっています。
ですから、
券を頂かなくても、観に行く気でしたが、とてもラッキーでした。

今、インファナル・アフェアのリメーク版”ディパーデット”が公開になっていますが
いまひとつ観に行きたいという気にならずにまだ、観ていませんが
出来は、どうなんでしょうかねぇ?
まぁ、それは於いといて
”墨攻”は、元々は、日本の小説&漫画が原作というのが 何か嬉しいですね。
そして、中国・韓国と日本の合作という事もあって、日本人にも分かりやすいテーマになっていました。

そして、今現在だからこそ この作品の持つメッセージ性がとても重要な気がします。
今だからこそ、こういう作品が作られ、公開される意義がビシビシ感じられます。

アンディ・ラウ演じる”革離”の台詞を通して
”墨家”という集団の理念を感じられますが、まるで僧のようなイメージが浮かんできます。

自分たちは、何の見返りも求めずに弱者の為に働く
自分から、自分から攻めるのは良しとしない。兼愛をよしとする。
(・・・・ここまで書いて どこかでこういう感じが・・・と思ったら
これは、スターウォーズのジェダイの思想ではないですか・・・!)

この映画の中では、その墨家の理念を前に映し出される
人間の心の在り様を様々な角度から捉え、見ている人々の心に迫ってきます。

弱者と言われる人々の心の在り様
ただ単に、善と悪というものさしで図る事のできない人の”心”について考えさせられます。

戦争は、一体誰の為に、何のためにあるのかとつくづく考えさせられます。
こういう部分は、”硫黄島からの手紙”や”父親たちの星条旗”にも描かれている
国家・政治をつかさどる人々によって翻弄される民衆の心をも描いているきがします。

ただ、この映画、純粋に映画の出来という部分で観れば
編集が 斬新な部分もあるけど、雑な部分もあって 一瞬物語の繋がりが途切れてしまう所があるので、もう少し丁寧に 物語を伝えてくれたら
最高の映画になったと思います。
[PR]
by yorunoniji | 2007-02-06 07:12 | きままな映画好き
公開は、もう始まっていますが
その前に試写会の券を頂いたので、観てきました。

観終わって、面白かった~。というのが第一感想でした。

私自身は、手塚治虫の漫画世代で、大好きだったので
もちろん 原作を読んでいるのですが
それももう 読んでから何十年も経っているので ほぼ内容を忘れていたのですが
映画を観ながら そうだった。そうだった!と思い出していました。
それでも、柴咲コウ演じる”どろろ”の設定が男の子から女になっていたので
それはちょっと~と思っていたのですが
映画を観ているうちに、これも面白いかもって納得していました。

漫画が原作で、しかも”どろろ”なんてふざけた題名なので 軽視しがちですが
これが又、結構深いテーマがあるのが手塚治虫なんですよね。

戦乱の世の中で、民は、戦いの中で疲弊し
国家も疲弊しているという中で、
平安の世の中を作る為に国家統一を願う武将が自分の魂を魔物に売り渡してしまう。
その犠牲になったのが
妻夫木聡演じる”百鬼丸”で、自分のアイデンティテイーを求めて放浪するという感じでしょうか。

魔物と戦い魔物を倒す事で、自分の失った身体を取り戻して行く過程で
心や感情を持った人間として成長するというテーマが分かりすいし
”どろろ”を通して、『親を殺してはいけない』『復讐するのは止めた。憎しみを捨てる』という台詞があった時
今現代の社会にとても大切なメッセージだなと感じました。

こういう 一見軽いエンターテイメント映画こそが
子供達に 大切な何かを伝えてくれる 
そんな 気がしました。

ただ、魔物を表現する部分で、怪獣ショーっぽいのがあったのが残念というか惜しいと感じました。
お金が無いのだったら、魔物退治は、少なくて良いので
一つ一つをゆっくりじっくりと見せてくれたほうが 良かったなぁと思いました。
このキャストで3部作くらいやるという感じで制作して欲しかったなぁと思います。
まぁ
今回の終わり方では、続きもあるかなという感じでしたので
次回作があるとしたら、魔物にもうちょっとお金をかけて欲しいかなと希望します。

キャストの演技も良かったし、音楽も良かったのでそこそこ楽しめる映画でした。


作品詳細は、下記リンクにてどうぞ

どろろ | Excite エキサイトシネマ
どろろ公式HP

a0009747_1261167.jpg

※画像はヤフー作品詳細ページよりお借りしました。
[PR]
by yorunoniji | 2007-02-01 12:35 | きままな映画好き

a0009747_13131030.jpg


※画像は、王の男 | Excite エキサイトシネマより借りました。

2007年 初に観た映画が、この”王の男”です。
去年から行きたかったのですが、中々時間がとれず上映終了間際になって
やっと 観る事ができました。

別に昨今の韓流ブームに染まっているわけではないのですが
韓国映画を観に行くなんて 自分でも信じられないくらいです。

結構 当たりはずれがある韓国映画という認識ですが
この”王の男”は、中々良かったです。
最近流行りの お涙ちょうだいのやりすぎ演出が抑えられているのが良かったです。

韓国の芸人を主人公にした物語ですが
日本でも旅回りの芸人が居た時代を思い起こさせてくれて 
その時代と似ているなぁっていうことから 物語に入りやすかったです。

旅回りの芸人一座というのは、一番庶民に近い所に居るので 
その芸の中に世相が反映されて面白いものです。
そういう部分がきちんと描かれているのが 物語に入りやすかったです。

物語の中盤で、暴君として表される王が、
実は心に本当に寂しさを抱えた一人の哀れな人間として描かれます。
その心の隙間を美しい芸人の男によって埋めようとします。

芸人の物語でありながら わき役の王の心の寂しさが際立って感じられましたね。

映画を観ている最中に 俳優さんたちの顔が 
日本人のあの人やこの人に似てるなぁって感じてしまって

例えばこの暴君の王様の顔が”杉本哲太”に
美しい芸人の男の顔が元Xジャパンの”YOSHIKI”に 見えてしまって
この二人が絡んで
お芝居をしているような気になってしまいました・・・^^;

どの俳優さんたちも
ずっと観ていると こういうタイプの日本人居るよなぁ~って感じさせてくれました。
同じアジアの血が流れているなぁって
変な所で 感心してしまいました。

作品詳細は、王の男公式HPにて
[PR]
by yorunoniji | 2007-01-08 13:27 | きままな映画好き

ロード・オブ・ザ・リング3部作が完成し SW6部作が完結してしまった今、新たな伝説が必要だとしたら
やはり、この物語になるのでしょう。
ナルニア国物語も映画化されてはいるのですが
主人公のあり方としては、ちょっと違う路線になるかなということで、この際は、はずしましょう。

ハリー・ポッターシリーズもこの物語の路線とはちょっと違うので
比較しないでおきましょう。

a0009747_21381021.jpg


もちろん 原作を読んだのですが
作家が10代とあって、本当にゲームの世界に入り込んだように読み勧めやすい物語でした。
これは、映像化向きの作品だとも思ったのですが
本当にここまで早くに映像化されるなんて ちょっとビックリでした。

原作は、3部作で、今の所は2部まで翻訳されているのですが
読んだのは1部だけで
読んでからもうずいぶん経つので、細かい内容まで良く覚えていなかったんですが
映像化された映画を観る分には、ちょうどいい感じでした。

かなり長い話だったので、映像化するには、やはりかなり駆け足だったなぁというのが
正直な感想ですね。

そして、内容はロード・オブや、SWにも重なり、今年ジブリが映像化したことで話題にもなったゲド戦記の内容にもかなり重なっているので
どうしても二番煎じの物語という印象が強いのですが

こういう世界観が好きな私のような者には、これはこれで十分楽しめるエンターティメント映画でしたよ。

一番の収穫は、リアルなドラゴンと一緒に浮遊感が十分に楽しめる ということでしょうか?
これぞまさしく ジェット・コースタームービーですね。

ただの田舎もんの普通の少年がヒーローとして成長していく
それを楽しむ映画 それでいいんですよね。

これを観て思ったのは、”本当の名前を知る事”で、相手を支配する
”言葉”によって、影響を与える
あらゆる物語に隠されたメッセージを 又 ここでも受け取った
そういう気がしたのです。

”自分の吐く言葉によって、周りに影響を与えてしまうんだよ”

よく考えて 話なさい そういうメッセージのような気がします。


作品詳細は、エラゴン公式HP
又は、
エラゴン 遺志を継ぐ者(字幕版) | Excite エキサイトシネマにて
[PR]
by yorunoniji | 2006-12-27 21:54 | きままな映画好き