ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

カテゴリ:崩壊の序曲( 4 )

その1
崩壊の日々と戦う【薔薇のアーチ編】を読んでいただけると話のつながりが分かっていただけると思います。

先日の台風18号は、富山に大きな被害をもたらしました。

富山は、立山連峰が連なっているおかげで、台風が通過していっても
そんなに被害を受ける土地ではないのですが
今回の18号は、スピードが速かったのと近くを通過したというので
風台風でした。

個展の最中でしたが、風が強まり出したのが、午後6時ごろからという時間帯だったので
帰宅の途についたのでしたが
車に乗っていても、風が強まっていくのが感じられました。

家に着いた頃には、相当の強さになっていて、
あのアーチが車の方に倒れない様にと
ダンナが、つっかえ棒をしてくれていました。

しかし、今回の風は、尋常ではなかったですね~。
トルネード状態になっていました。

風の唸り声が それはそれは、すごい音で
ついに 薔薇のアーチは、今度は 反対側に倒れてしまったのでした。

おなじつっかえ棒をするのでも やはり筋交いにするべきだったのですね。
車を守ろうとするあまりに、片側からおさえていたら
その反対側に、アーチの土台ごと倒れていました。

しかしその時点では、風が凄くて どうする事も出来なかったので
次の日の朝、なんとか 立てるだけ立てて
筋交いに、つっかえ棒をして、今もその応急処置のままです。

今、薔薇を触ってしまうと、来年は、花を咲かせないので
冬眠に入る12月に薔薇の蔓を組み直すので、その時まで なんとかもたせるつもりです。

県内では、梨やリンゴの実が90%ちかく駄目になったという風だったので
しかたないかなと感じました。
自然の力の前では、どうにもならないですね。


その2

ここ数ヶ月 お風呂のお湯の沸き方が 変だったのですが
なんとか だましだまし使っていたのです。
しかし ついにお湯が沸かなくなってしまったので、
思い切って、メーカのサービス課に連絡を取ったら
やはり 修理をしなければならないそうです。
どうも ボイラーの方がイカレタらしい。

家も 年数が経ってくると あちこちが傷み始めて、ハァ~というかんじです。

実は、二階のエアコンも壊れたんですが
修理費がかかるのが嫌で、まだ直してないんです。
あの、暑い暑い夏も過ぎたし、来年まで我慢しようと思っているんです。

なんとなく この崩壊シリーズ まだまだ続きそうです。
[PR]
by yorunoniji | 2004-09-15 22:23 | 崩壊の序曲

私の愛用のデジカメは、買った時から

いわゆる曰く付きのデジカメとなってしまった。

そもそもの発端は、まだパソコン初心者の私が
ネット販売によって安くデジカメを手に入れる方法を教えてもらい
ドキドキしながら デジカメを注文した事
その時のオススメのカメラがカシオのQV-2900

確かに代引きで支払いしたとしても安かったんですが、郵便で振り込めばもっと安くなったので、郵便で振り込んだのですが

1週間たっても 送ってこないので 電話で催促したら2・3日で送ってきて
その時は、ホッとしたんですが、

5年間保証を付けてもらう為に その分の料金を振り込んだが
その保証書を送ってこないので
不審に思ってメールを送ったが、連絡来ないので
おかしいなぁと思っているうちに その会社が倒産したという旨の勧告書がHP上に流れていて
連絡は、弁護士事務所になっていた。

で、出したお金を戻して欲しくば、そういう旨の書類を書いて送り 奈良県の裁判所まで出頭せよ。というご丁寧な返事を頂いたし、書類も送っていただいた。

が、たかだか1千いくらのお金の為に何万も出して行くのは、馬鹿らしいでしょう?

間一髪で商品自体は、届いているわけだし
中には、お金を送って商品も届かなかった人もいるのだから そういうのに比べれば大した被害ではないのだから。
どちらかというと
「なんちゅう 面白い事に遭遇したんだろ」っていう感じです。ただラッキーでしたね。
その時の書類は、記念に今でも持っています。
だから 格安のネット販売っていうのは、今は、手を出そうとは思わないですね。

念の為、カシオのサービスセンターには、確認の連絡とってみたんですが、
5年保証というのは、お店独自のサービスのひとつなので、
そのお店自体がなくなったら、通常のサービスのみという答え。
カシオの製品であれば、ちゃんと修理は受けるというので、ちょっとは安心しました。

で、1年も経たずにちょっとした不注意で、壊れたんですが
知り合いのお陰で 無償修理してあたった。

そして、5月の末に 叉不注意でカメラを壊してしまったんです。
さすがに もう無償は無理なのは、分かっていたので、サービスセンターに電話して
名古屋のリペアセンターに直接送りました。

見積もりが26,000円弱

悩みました。

でも この位の使い勝手のいいカメラがないのと
確かに性能は良くなっているんですが、叉1式揃えるとなると 安くても45,000円は下らない。

で、直すことにきめました。
やっと昨日 手元に戻って来ました。

知人のカメラを借りて東京へ持っていったんですが、それはそれで
新しい今のカメラが触れて 面白かったんですけど

やはり、自分の手馴れたカメラがいいですね。
という訳で
苦肉の策が 下手なペイントでした(笑

下記が、我が愛機です。

a0009747_04750.jpg

[PR]
by yorunoniji | 2004-06-12 00:49 | 崩壊の序曲
hotaruさんのところのこの写真は
大通り公園のライラックですが
公園 その3

実は、家の前庭に 薔薇のアーチと共にライラックを植えたのです。
hotaruさんの写真のライラックは、ピンク系ですが
ブルー系のライラックもあるんです。

前の外壁がブルー系だったので それに合うようにピンク系のライラックを植えました。

1年目の春 小さいながらも ピンクの花が二房咲きました。
ライラックの花は、ほんのりとした香りがあるんですよ。

その年の夏 根元から 勢いよく別の枝が出て 育ったんで
うまく根付いてくれたなぁと喜んでいました。

2年目の春、ピンクのライラックの花の後
その別の枝に 白い花がたくさん咲いて 「?????」
で、 その樹を買った 花屋さんに働いていた子に聞いたんです。

なんと・・・・! ライラックは接木して売ってるんですって
で、元の樹はアカシアじゃないかという事でした。

私、そこで 欲を出してしまったんです。
その2本を一緒に育てようって・・・・。(その白い花も可愛くて綺麗だったんです。)

3年目も 綺麗に2つの花は咲きました。
しかし・・・・だんだんと元木の勢いが強くて かなり大胆に切り詰めても勢いが止まらないのです。

そして・・・・・ついに ライラックは枯れてしまいました。

教訓・・・・・「二兎を追うものは一兎も得ず」

そして、今年インターネットで調べて見ました。
なんと この元木は、イボタノキという名前で、アカシアでさえなかったのです。

しかし 白い細かいその花も なかなか一斉に咲くと綺麗です。

こういう感じになってきました。3分咲きという感じです。

a0009747_221539.jpg

[PR]
by yorunoniji | 2004-05-25 22:16 | 崩壊の序曲
a0009747_151346.jpg

ここに住居を構えて9年
自分の庭が持てるということで
薔薇のアーチに憧れて
自分で手作りしました。

2×4の木材を使い
アーチの上部を三角にする為に
数学の苦手な私が
一生懸命角度を計算し、組み立て 
防腐剤入りの木材用ペンキを塗り
脚の部分はコンクリートの沓に取り付けて

我ながら けっこう丈夫なものを作ったと 自我自賛してました。

プロの方に頼めば良かったんでしょうが、馬鹿にならない料金かかりますし
アーチも買ったら高かったんです。
それに手作りするのも好きだったという事もあって

つる薔薇の3年モノの苗を植えて
その薔薇が、本当に丈夫で毎年たくさんの花を咲かせてくれました。

去年の春までは、大丈夫だったんです。

しかし、突然の悲劇が薔薇のアーチを襲ったのです。

この辺は、風の通り道らしく 毎年フェーン現象で凄い風が吹くのですが
お隣のビニール波板の雪がこいが飛んできて
アーチを倒してしまったのです。

お隣のご主人が真っ青になって玄関に飛び込んできたのですが
その手が・・・・真っ赤な血まみれになっているではないですか。

聞けばアーチが倒れたので 起こそうとして薔薇のトゲが刺さったせいだとのこと

アーチは前庭で車の駐車場の横にあるんですが、ちょうどダンナが仕事でいなかったので
ダンナの車があれば 車も無事に済んでなかったでしょう。

不幸中の幸いとはこの事ですね。

問題は、根こそぎ倒れてしまったアーチを起こすのが ほんとうに大変でした。

お隣の方が業者をよんで、治してくれたんですが、
一度倒れたものは、もうしっかりしないというか、大風の度に何度か倒れてしまいました。
業者の方も気にしてくれて 何回か見に来てくれたんですが
結局は、応急処置に毛がはえたようなものしか出来ないんですよね。
花盛りの薔薇を下手に動かせば駄目になってしまいますからね。

そして、ついに今年の冬の大雪でアーチそのものが崩壊寸前になってしまいました。
雪の重みで三角部分がつぶれてしまったのです。

薔薇のつるが絡まっているお陰でかろうじて形を保っているという状態になってしまいました。(;_;)

結局は、アーチを作りなおさなければという結論になったのですが
まず、薔薇を一度刈り込むという作業からしなくてはいけないので
花の事が分かっている人に頼んでやってもらおうとしたら 
日程があわなくて 今年の冬にやる事にしました。

 で 今は、アーチの三角部分の付け根に横板を渡して仮止めと
アーチを支えるように斜めにつっかえ棒の形で2×4の板で支えています。

だからなのか 今年のアーチ薔薇は、花数が少なくて寂しいのです。

風が吹く度に、アーチが崩壊しないかとビクビクしながら過ごす毎日なのです。

ーーーーーーーーー原因と改善方法ーーーーーーーーーーーーーー
崩壊するのは時間の問題だったようです。
木材で作られているという事と
薔薇の木が育って重くなったんですね。
そして、アーチの足元は、しっかりとモルタルなどで固定するべきでした。
アーチの部材を他の物にするべきですか・・・・と考え中です。
[PR]
by yorunoniji | 2004-05-23 15:14 | 崩壊の序曲