ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

2004年 04月 30日 ( 4 )

a0009747_211358.jpg新緑に

覆われた

山の色は

たくさんの

みどり

陽春の

ヨロコビに 

満ち満ちて

ココロの

中にも

満ち溢れる

証しの

色は

みどり
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-30 21:15 | ココロ
山又山をくねくねと上っていくにつれて
まだまだ 残雪があちこちに見え隠れしています。
それにつれて、緑がまばらになって
早春にと季節が逆戻りしていきました。

山桜もチラホラ
そして、八重桜が満開の街道のそばには、澄んだ川が流れていました。

川のせせらぎを聞きながら
しばし うっとりと桜見を楽しみました。
土手の黄色は、山吹の花です。

a0009747_21354.jpg


皆様にも さわやかな音が聞こえますように
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-30 21:04 | 徒然
牧場型テーマパークだけあり、牛の乳絞り体験もできます。

他の場所でも体験した事はあるんですが、ここの場合は、ジャージ牛乳のお土産つきという謳い文句につられました。

a0009747_205521.jpg


こんな感じです。
横のマグカップを持った青い服の手は、担当のお兄ちゃんのてです。

親子連れが多く、子供達が体験というので、横で教えてくれるんですね。
「やさしく やさしく」という感じです。

お土産のジャージ牛乳は、甘味が抑えられていて 美味しかったです。
ただ、脂肪分の成分が高めなので、ダイエットの方は飲めませんね。

お乳を触った感じは、硬くてザラザラッとした感じです。
乳頭の付け根を親指と人差し指で挟んで 残りの指を順番に握っていくという感じにするとお乳が勢い良く出ましたよ。

今回チラシを見て行ったんですが、まだまだ発展途上という感じのテーマパークで、いかにも地元のおじさんおばさんが職員として雇われていますっていう雰囲気で、素朴な感じでした。

こういうテーマーパークのムズカシさは、いかにリピーターを増やすかという事に尽きると思うのですが、正直 ここは、いつまで続くかなぁと感じました。

似たようなテーマパークがあって、そこよりも小さい・遊ぶ所が少ない・弁当を広げる場所がない(その分 中のお店は大きい)・動物は少なくて 動物と実際に遊べない。

もう1つの方は、仔牛にミルクを飲ませる事が出来たり、柵の中に入ってヤギ・羊・ウサギ・鶏と遊べるので、大人でも楽しかったです。

今日行った所は、山の村という地理を生かして地元を発展させる為に作られたとなっていましたが、いかにも安っぽいテーマパークになっていて、本当に地元を生かすという事を考ているのか、釈然としないまま帰ってきました。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-30 20:56 | ヨロコビ
今日は、標高1,000mという高さにある 牧場型テーマパークが昨日 オープンという事で早速 行ってきました。

前々からやってみたかった そば打ちを体験してきました。

①番から順番に見てくださいね。

二人以上からでないと受け付けてくれません。
ちょうど そば粉の分量が2人分ずつ計ってあるんです。

a0009747_203116.jpg


そばこね 100回というのは、ちょっと疲れました。
後、そばを切る包丁は、凄く重くて 
持っているだけで その重さに耐え兼ねて 手がブルブルと震えてしまいました。
ダンナと交互にやりました。
ちなみに この写真のモデルは、ダンナです。

自分で打ったそばは、格別の美味しさです。
粉で見ている時よりも、そばになった時の分量は、意外と多かったのでびっくりでした。
[PR]
by yorunoniji | 2004-04-30 20:32 | ヨロコビ