ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

河童の街で出会ったもの

a0009747_221329.jpgちょっと下町散策で
夕方のカッパ橋へ

そこで

思いがけないものに
出会ってしまい

びっくり!!

でも
なんとなく嬉しかった。

たまたまこの時
商店街の七夕祭りに出くわして

富山県の中でも
一種独特な雰囲気を持ち
全国的にも
ファンが多い
風の盆の踊りのイベントで
街流しが披露されていたんです。

商店街の方々が
口々に
「素敵~」
「いいわ~」
何て言うのを聞いていたら

なんとなく
心の中で
(ふっふっふっ)と
ほくそえんでしまう私でした。

旧八尾町は、小さな坂の町で
風の盆の時には、
全国から
20万人とも30万人ともいわれる
観光客が
どっと押し寄せて
とても情緒をゆっくりと楽しむ
余裕ないですからね。

元々は、町の人たちが
自分たちの楽しみの為に踊っていた祭り
三日三晩
町のあちこちで 踊りの流しが
途切れることなく続いてる。
町によって
叉年齢によって
着物や踊りの形が違う

この踊りの特徴は、
手の動きが
なんとなくなまめかしくて
顔が全然見えないだけに
よりいっそう
色っぽさを感じる所じゃないでしょうか。

1年に一度の
織姫と彦星の逢瀬の七夕に
ほんと
ぴったりのイベントだなぁと
思いながら見てました。

ちなみに
富山の本番『風の盆』は、
9月1日~3日までですが
8月の終りから 踊りは披露されます。

3日の夜通しの踊りの後
踊り手達が、駅で
観光客を見送りながら踊る
朝一番の始発は、感動モノですよ。

でも、本当に小さな町なので
踊りがよく見れないと
怒り出す観光客の方もいらっしゃるので
ボランティアで手伝っている友人が困ってました。

観光をとるのか
(つまり、本来の場所を移動して
もっと広い所でやるべきなのか)
もともとの伝統行事をそのまま生かすのか

毎年 いろいろと取り沙汰される祭りなのです。

そして
七夕飾りの 短冊が置いてあったので
せっかくの記念に
夜の虹として書いてきました。
(年がいもなく、子供に混じって)

「世界がすべて繋がります様に」と・・・・

今宵は、七夕ですね。

いい星空が見れます様に。。。。。
[PR]
by yorunoniji | 2004-07-07 22:14 | 徒然