ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

匂いを映像化した「パフューム ある人殺しの物語」



物語詳細については、下記リンク参考にしてください

パフューム公式HP
パフューム ある人殺しの物語 | Excite エキサイトシネマ

a0009747_20371939.jpg

(C) 2006 Constantin Film GmbH

映画館で このポスターを観て 
大勢の人々が陶然とした表情で手を差し伸べている これが気になって 観てみたくなった映画です。

調香師が主人公というのが気になりました。
匂いを映像化するという部分にも興味を覚えました
目に見えない世界を映像でどういう風に表現するのか?

この時代のフランス パリは、悪臭の街だったそう
香水を生み出す調香師が大流行だったとか

香りはどういう風に生み出されるのかという流れが面白かったです。
フランスといえば、やはり南プロバンス地方のラベンダーです。
ラベンダー畑の雄大な景色を見ることができたのが嬉しかったです。

内容は、ある人殺しの物語という副題がついているように
決して愉快な内容とはいえないですが
描写が芸術的でした。

匂いに魅せられたある人間の狂気にも似たエロチシズム的感情とか孤独とかが痛いほど伝わってきます。

説明的な台詞がいっさいなくて
それでも尚 画面全体から匂いが香りたってくる様な映画でした。

ただ、観る人を選ぶ映画だと思いますので 誰にでもお勧めという映画ではないです。

参考までに
うちのダンナさんにとっては、そんなに悪くなかったようです。
[PR]
by yorunoniji | 2007-03-05 20:56 | きままな映画好き