ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

Xメン ファイナル ディシジションは、エンドロールまでしっかり観るべし

X-MEN:ファイナル ディシジョン

”かもめ食堂”を観る前前日にレイトショーでこれを観に行きました。
XメンオフシャルHPにて詳細をどうぞ

久しぶりに83歳のお姑さんを連れて行ったのですが、非常に喜んで、楽しんで観てましたよ。

多分、前作は観てなかったか、DVD鑑賞だったかで 内容そのものは 分かっていなかったと思うのですが
カッコイイ男(ヒュー・ジャックマン)が気に入った(これが 何故か的場浩二と同じように好きだという感じ)のと
自動車がポ~~ンポ~~ンという感じで空を飛ぶのが気に入ったようです。
もう 手に汗握るという感じで見入っていました。

もちろん、80歳過ぎた婆さんの姿は、うちの姑ぐらいでしたね。
ほんと、気持ちが若い姑さんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Xメンは、1の時から虐げられた少数民族とか社会的弱者と世界との戦いのようなものがテーマとして根底に流れていて、好きなのです。

で、今回の映画の感想ですが

SWのテーマを彷彿とさせましたね。

愛を選ぶか世界を選ぶかの選択

”ジーン”が”アナキン”に見えてしまいました。

しかし、まぁ 今回は、破壊の世界でしたね・・・ビックリ

そして破壊の後には、再生があるということですね。


a0009747_2017575.jpg




以下ネタバレです(注)
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











愛か世界かどちらかを選択という部分
本当に”ジーン”を殺さなければいけなかったのか?という感じでした。

ローガンが、凄い再生能力を持っているのは、分かりましたが
ズボンが何故、ボロボロにならないのか というような
アホなことが気になって気になって・・・^^;


エンドロールの最後は、正直ビックリしました。

途中の何気ないシーンを見逃していたら 理解できないでしょうね~。

観終わって、1時間してから 『アハ~ なるほど!』って分かりました。

もしかしたら・・・SWのように6部作になるかもですね。
[PR]
by yorunoniji | 2006-09-18 20:20 | きままな映画好き