ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

『ユナイテッド93』を観るなら『華氏911』も観るべし

作品詳細は、
ユナイテッド93 | Excite エキサイトシネマ
あるいは、公式HPでどうぞ

a0009747_223675.jpg


2001年9月11日 誰もが忘れる事のできない1日だと思う
あの日、朝のテレビで見た映像は、まるで映画のワンシーンのように脳裏に焼きついている。

その事実を とてつもない真実として認識した時
体中に戦慄が走った事を覚えている。

その日 4機の民間航空機がハイジャックされ
3機が テロの道具として建造物に突っ込み 大多数の民間人を巻き添えに爆発炎上

その中にあって”ユナイテッド93便”は、犯人たちの目的を果たす前に地上に激突
この映画は、その”ユナイテッド93便”で起きた出来事を中心に描かれている。

冒頭から まるでドキュメンタリーのように
様々な人々の動きをカメラは追い続ける。
犯人たち
ユナイテッド93便の乗務員・パイロットの動き
乗客たちの動き
そして、連邦航空局・管制塔・軍関係者たちの動きと
あまりのリアルな描写にずっと緊張感にみちて
息を殺して見入ってしまい、
結末が分かっているからこそ 
もう 途中からは、あまりの理不尽さに とめどなく涙が溢れて辛かったです。

ただ、淡々と事実を伝えていくので
何故、武器を持った犯人たちが 易々と機内に乗り込めたのかとか
何故、民間人を犠牲にしなければならなかったのかとか
そういう 悶々とした不満ややるせなさが残ります。

最後のテロを阻止しようとした人々という感じで宣伝されているようですが
映画では、決してヒーロー扱いして描写していないので
よりいっそう リアルな人間の感情が伝わってきます。

普通の人々が、極限の状態に置かれる
ごく普通の日常から 突然切り離されてしまう。
何故、アメリカでこういう事件が起こらなければならなかったのか?
そして、つい先日も
イギリスで、同様の事件が起ころうとしている この世界。

そういう何故、の部分に ある焦点をあてた映画が
マイケル・ムーア監督の『華氏911』です。
この映画を観たら、テロが起きる背景が少し理解できます。
華氏911作品詳細goo映画

追記
『ユナイテッド93』には、日本人の大学生も乗っていたのですね。
彼が日本に帰ろうとしている時に、この事件に巻き込まれてしまったようです。
日本人も今や グローバルに行動している時代ですから
どこにいても安全とはいえないのでしょうね。
久下 季哉さんのご冥福を 改めて祈ります。
[PR]
by yorunoniji | 2006-08-17 21:13 | きままな映画好き