ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動

※6月26日追記
お陰さまで、35万人以上の署名が集まったようです。
そして、本当に、今日の朝刊に この署名運動の記事がトップで、紹介されていました。
記事の内容も、いずれは、この法も改正を迫られるのではないだろうかというような感じでしたので
やはり、大きな山を動かすのは、一人ひとりの気持ちが繋がっていくという事なんだなぁって
本当に実感しました。
声を上げるべき時は、上げる勇気を持って行くというのが結果に繋がっていくんですよね。

先日、陶芸教室でも、
この法の改正に怒りをもっている生徒さんが居たという事が分かって、この署名運動を教えてあげたところでした。

メディアが取上げてくれたというのが、この先も広がるきっかけになりそうです。



※ 以前 上げた記事ですが、手書き署名が24日消印まで、ネット署名が26日午前9時までなので、再び上げさせていただきます。
※、今現在21万人の署名が集まったようです。


大まかな内容は 

今年4月から疾患別にリハビリの日数制限が設けられ、
最大180日でリハビリ医療が打ち切られることになりました。
あなた自身、ご家族、お友達が骨折や脳卒中になったとき、
リハビリが必要であっても、
日数だけで機械的に打ち切られるという、とても理不尽な制度です。
NHKスペシャル『脳梗塞からの再生』で紹介された多田富雄さんを筆頭に、
私達呼びかけ人一同はこの制度に反対し、
日数制限撤廃を厚生労働省に対して要望します。
(NHKテレビ『つながるテレビ@ヒューマン』でもキャンペーンを実施してい
ます。)
どうか署名運動に御協力下さい


詳しくは、こちらのHPで
 ネット署名も受け付けています。
どうぞ ご協力ください。






最近 私たちの知らないうちに 制度が改正されていっている気がする
この制度も、いつの間にそんな事が決まったのかという感じでした。

医療制度も変革しなくては、破綻するというのは分かっていますが
どう考えても 弱者切捨ての方向に 世の中が向かっているとしか思えない。

この間 友人と冗談で言ってたんですよ

「貧乏人は、絶対病気したら駄目だね。
 元気なまま あの世に行かなくっちゃね」って

もう、病院にかかるのも大変、有料老人ホームにも入れない。

昨日、ダンナが会社から署名運動の用紙をもらってきたんです。
珍しいなぁ なんだろうって読んでみたら
「リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動」という題名で
これまた、弱者切捨て改正としか言いようのない政策


私自身 舅が脳梗塞でリハビリにお世話になっているので
正直 この改正には、呆れてものもいえない気持ちです。
リハビリの効果は、人それぞれ違ってくるはずなのに
最大180日までという日数でひとくくり
それ以上 リハビリを続ける場合は、全額自己負担 という感じ

もちろん、 署名しました。

確かに、医療制度も、引き締めるべきところは引き締めるべきですが
リハビリの成果は、個人千差万別という所が 抑えてない。

いったい、日本という国の官僚たちは、人の心を持っているのか?と問いたいですね。
頭でっかちの 現場を把握してない人達に この国が従事られているのかと思うと
本気で、情けなくなってくる。
そういう人間を 選んだ私たちも
そろそろ 本当に政治家を見る目を養うべきですね。
[PR]
by yorunoniji | 2006-06-25 22:53 | 徒然