ブログトップ

夜の虹

yorunoniji.exblog.jp

目に見えなくても真実はソコにある。   

子育て

最近こういうの多い

このサイトで、この事を知りました。
最近子供の虐待のニュースには 本当に心痛みます。

先日 親子陶芸教室を開催しているように、
子育て中のお母さん達の声を聞く機会があるので
時に、自分は子育てに向いてない というような声を聞いたりします。

何故なら「無性に 子供に対して腹が立って 感情を抑えられない時があって自分でもその心をもてあます。」
「時に、子供を虐待というニュースを聞いても なんとなく同感できる部分もある。明日は、私がそういう事をするかも 」
そういうような事を語られる方もいます。

やはり、心の余裕が持てない時代だからかなぁと感じています。

子育てで、
その一線を超えるか超えないかは、もしかしたら紙一重のあやうい綱渡りなのかもしれません。

誰にでも心には、闇の部分があるとは思いますが
その闇の部分に囚われるのではなく
自分は、どこへ向かおうとしているのか
そういう部分を 常に自問自答しながら行くという事を
頭のすみにおいていたら 違ってくるのでは と思います。

私自身は、子供がいないのですが、やはり同じように
子供のいない方の声を聞く事も多いので、良く聞くのが
「完全に、子育ての大変さは実感としては、分からないかもしれませんが
だからこそ 見えてくる部分もあると思うし
逆に 自分が親にしてもらった事を良く考える。叉、他の大人に可愛がってもらったことなんかも、今はありがたく思う。」

きっと、今の自分の状況にだけ囚われていると
大変 大変 と 自分で自分を追い詰めてしまうんでしょうね。

ちょっと、肩の力を抜いて 
意識を外に向けるということも たまには良いんじゃないでしょうか?

幸せな子供達が増えてくれれば良いなと
お母さん達に少しでも幸せな時間が持てるようにお手伝いしていきたいですね。
[PR]
by yorunoniji | 2004-03-30 08:26 | 徒然